前歯の見かけが気になる場合の治療

コンポジットレジン修復

かたちの異常や事故で欠けたり、むし歯などが原因の場合は、一般にコンポジットレジン(複合プラスチックの意味)により修復されます。硬いガラス成分などを複合し、物性・審美性が年々改善されてきました。保険で処置できることもあって、むし歯の穴の修復はじめ、歯をすっぽり覆うようなかなり大きな修復(アンレー)や前歯の審美性改善など幅広く利用されています。

イメージ
年数がたつと色つやの変化は生じるが、
一応の見かけの回復はできる。

ラミネートベニア

色やかたちの異常が歯の前面に及ぶときやさらに自然感の回復を望む場合、歯の表面を削ってポーセレン(セラミック)のシェル(貝殻状の薄いポーセレン)を貼り付ける方法があります。

歯のかたちや色の改善だけを目的にした治療では、有効です。歯をできるだけ削らずに、少しでも歯ぐきの健康を害さない、という配慮からこのような新しい方法が工夫されています。

イメージ

しかし、耐久性に劣る、処置が難しい、適応が狭いなどの欠点もあります。