歯ぐきの色が暗い(審美歯科)

歯ぐきの色が暗い理由と治療

歯ぐきは、白い歯の額縁の役割をします。若い人の健康な歯ぐきは、コーラルピンク色(珊瑚のピンク色)で引き締まり、白い歯を際だたせます。もちろん肌の色が人さまざまであるように、歯ぐきの色も様々です。白人の歯ぐきは淡いコーラルピンクで、黒人の歯ぐきは暗赤色です。

また後天的に、喫煙習慣のある人の歯ぐきはマダラに茶色くなります。このような歯ぐきの茶色い色は、ある程度脱色することができます。レーザーまたは化学薬品(フェノール)を用いて粘膜を薄く剥がす(ケミカルピーリング)方法を用います。皮膚の日焼けの要領です。

通常、通院は2回程度、1〜2週間でピンク色になりますが、ケミカルピーリングでは日焼け同様に粘膜がむけて、ピンク色になるので、その途中は日焼け同様に見苦しい状態になります。

局所的に黒変した歯肉は、この漂白では改善しません。金属を使った歯の治療の際に、切削粉が組織のなかに入り込んだ場合に、歯ぐきが局所的に黒くなることがあります。これは入れ墨と同じ原理ですから漂白では改善しません。

また、歯にかぶせたクラウンや黒変した歯根が歯ぐきから透けて見える場合にも、歯の際の歯肉(辺縁歯肉)が黒く見えます。これも修復物の再治療をしなければ改善はできません。