前歯が欠けている(審美歯科)

前歯が欠けたときの治療方法

打撲などで前歯が欠けても、痛みがなければ、治療のきっかけがないまま放置してしまうことがあります。痛みがあったり、黒く変色した場合は治療が必要ですが、そうでなければ外見第一に考えていいでしょう。気になるならちゃんと直す。この場合、処置法は、ほぼコンポジットレジンによるボンディングです。目立つ場所ですから、丁寧な作業でなければ意味がありません。

わずかに欠けているだけであれば、コンポジットレジン修復。やや大きければ、コンポジットレジン修復の上、ポーセレンラミネートベニアが必要になるかもしれません。対処法としてセラミッククラウンを用いることは推奨されません。