歯ぐきが下がって、歯と歯の隙間が目立つのはなぜですか?

歯ぐきが下がり、歯と歯の隙間が目立つことは、歯肉退縮(しつにくたいしゅく)と呼ばれる状態の一種です。歯ぐきが下がると、歯の部分が露出し、その結果、歯と歯の間に隙間ができることがあります。これにはいくつかの原因が考えられます。

  1. 歯ぐきの病気(歯周病): 歯ぐきの炎症や感染が進行すると、歯ぐきが縮むことがあります。歯周病は、歯垢や歯石による細菌の増殖によって引き起こされることがあります。歯周病が進行すると、歯ぐきが痛みや腫れを伴って炎症し、退縮することがあります。
  2. 歯を過度に磨くこと: 歯を強く磨いたり、硬い歯ブラシを使ったりすることが、歯ぐきの退縮を促進する可能性があります。
  3. 遺伝的な要因: 一部の人は、遺伝的な傾向により、歯ぐきの退縮が起こりやすい場合があります。
  4. 歯の不正咬合: 歯の位置が不正確であると、歯ぐきに対する圧力が不均等にかかり、歯ぐきが退縮しやすくなります。
  5. 喫煙: タバコの喫煙は歯ぐきの健康に悪影響を与え、退縮を引き起こす可能性があります。

歯ぐきの退縮は進行性の問題であり、早期に対処することが重要です。歯周病の治療や予防、適切な歯磨き法の実践、歯科医師の指導を受けることが、歯ぐきの健康を維持するために役立ちます。定期的な歯科検診も、問題を早期に発見し、適切な対処を行う上で重要です。